髪のボリュームを抑えるシャンプーはダメ?プロが教える具体的な改善方法とは

髪のボリュームを抑えるシャンプーはダメ?プロが教える具体的な改善方法とは

髪のボリュームを抑えるのって、結構苦労しませんか?

しかも、雨の日なんて、髪が広がってまとまらないので本当に憂鬱ですよね。

最近は、ドラッグストアなどで髪のボリュームを抑えるシャンプーをよく見かけますが、本当にシャンプーでボリュームは抑えられるのでしょうか?

そこで今回は、髪のボリュームを抑えるためのおすすめの方法を紹介します。

髪のボリュームを抑えるシャンプーでオススメはあるのか?

市販のシャンプーの中では、オススメできるものはありません。

なぜなら、油分とシリコンの重さで髪のボリュームを抑えているシャンプーがほとんどだからです。

どうしてもベタついたり、質感が悪くなります。

もちろん、シリコンが悪いというわけではありません。

ただ、市販のシャンプーは、分子が大きいシリコンが使われているため、髪に残りやすく悪影響を及ぼしてしまいます。

一方、サロン専売のシャンプーは、分子が小さいシリコンが使われているため、髪に残りにくく滑らかな指通りにしてくれます。

なので、髪のボリュームを抑えるシャンプーを使う場合は、サロン専売のシャンプーがオススメです。

市販のシャンプーとサロン専売のシャンプーでは、以下の3つの違いがあります。

  • 保湿効果を与える成分
  • シリコンの質
  • 界面活性剤の質

それぞれ詳しく見ていきましょう。

保湿効果を与える成分の違い

市販のシャンプーには植物性オイルが含まれているものがあり、植物性オイルに保湿効果があるとうたっているものが多いです。

しかし、油分だけ与えても髪は保湿されません。

油分で髪のボリュームを抑えることはできますが、髪質が良くなっているわけではありません。

つまり、市販のシャンプーで髪のボリュームを抑えても、それは表面的な部分での改善であり、根本的な改善にはならないということです。

もしかしたら、“べたついた感じをまとまりがある”と勘違いしているのかもしれませんね。

そもそも、髪のうねりや広がりは、髪の水分量の偏りが原因です。

なので、髪のうねりや広がりを抑えるためには、髪の水分量を整えなければなりません。

それが可能なのが、サロン専売のシャンプーです。

サロン専売のシャンプーは髪と同じ成分のアミノ酸が含まれているものが多く、髪の水分量のバランスを調整することができます。

なので、サロン専売のシャンプーを使った方が、髪のボリュームを抑えやすくなるのです。

シリコンの質

シリコンは髪をコーティングし、指通りを滑らかにする役割があります。

ただ、シリコンは分子の大きさが様々で、分子が大きいものほど髪や頭皮にシリコンが蓄積され、ダメージを与えてしまうのです。

髪にダメージを与えてしまうと、髪がうねったり広がったりすることがあります。

市販のシャンプーはシリコンの分子が大きいものが多く、サロン専売のシャンプーはシリコンの分子が小さいものが多いです。

つまり、シリコンの分子が大きい市販のシャンプーを使い続けると、髪にダメージを与える可能性が高いというわけです。

界面活性剤

市販のシャンプーの界面活性剤は、石油系やせっけん系が多いです。

石油系や石鹸系は泡立ちがよく洗い上がりがさっぱりしますが、洗浄力が強いため髪や頭皮にダメージを与えたり乾燥させたりします。

その結果、髪の水分バランスが乱れ、髪がうねったり広がったりしてまとまらなくなってしまうのです。

一方、サロン専売のシャンプーの界面活性剤は、髪の成分と同じアミノ酸系を主成分にしているものが多いです。

アミノ酸系が主成分のため、洗浄成分が弱く洗いすぎや乾燥を防いでくれます。

つまり、サロン専売のシャンプーは髪の水分バランスを整えて、徐々に髪がまとまりやすくなるというわけです。

シャンプーを使って髪のボリュームを抑えたい場合は、美容室で相談しましょう。

髪のボリュームを抑えるにはスタイリング剤でもOK

手軽に髪のボリュームを抑えたい場合は、スタイリング剤を使う方法があります。

なぜなら、スタイリング剤は髪の乾燥を防ぎ、雨が降ってもくずれにくく、湿気による広がりを防いでくれるからです。

おすすめのスタイリング剤は以下の3つです。

  • シアバターを使ったスタイリング剤
  • ジェルタイプのスタイリング剤
  • クリーム系のワックス

それぞれの特徴を見てみましょう。

シアバターを使ったスタイリング剤

シアバターを使ったスタイリング剤は、ややウェット感があり、バターの少しこってりした力で髪をまとめることが得意です。

また、シアバターに含まれるオレイン酸とステアリン酸は髪のダメージを補う効果だけでなく、紫外線から髪を守ってくれる効果もあります。

最近は、全身の保湿剤としても人気ですね。

ジェルタイプのスタイリング剤

ジェルタイプのスタイリング剤は、水分の力で髪を落ち着かせます。

ジェルの水分でツヤを与えながら、やわらかさも与えてくれるのです。

ウェットヘアやツヤ髪にしたい場合におすすめですね。

また、ジェルタイプのスタイリング剤の中には、植物エキスやアミノ酸などが配合されているものもあります。

クリーム系のワックス

クリーム系のワックスは、伸びの良く少しなじませるだけで粘着力があるので、ツヤのある毛先の動きや束感を出せます。

最近は、保湿力が高く天然のオイル成分で肌に使えるものもあり、洗い流さないトリートメントのような使い方ができるものもあります。

一方、ハードタイプのジェルや固めのワックスはオススメできません。

なぜなら、粘着力が強すぎるので、つけるのに手間取るとボリュームが出やすくなってしまうからです。

ただ、髪が少し濡れた状態で使えば、髪のボリュームを抑えられます。

なので、ハードタイプのジェルや固めのワックスは、少し上級者向けになるでしょう。

オススメの髪のボリュームを抑える方法

シャンプーやスタイリング剤を使う以外にも、髪のボリュームを抑える方法があります。

オススメの方法は以下の3つです。

  • 縮毛矯正
  • ドライヤー
  • ヘアスタイル

それぞれの特徴を見てみましょう。

縮毛矯正

縮毛矯正を全体的にかけると、髪全体が落ち着きます。

なので、スタイリングがとても簡単になります。

さらに、ボリュームが出てしまうサイドなど、部分的にかける方法もあります。

施術するときは、担当の美容師に相談しましょう。

ドライヤー

髪は温まると形が変わり、冷えると形を覚えて固定される性質があります。

その性質を利用すると、髪のボリュームを抑えることができるのです。

ドライヤーは以下のように使います。

  1. 洗い流さないトリートメントを髪につける
  2. ドライヤーを髪から20㎝離す
  3. 髪を下に引っ張りながら上から下に向かってドライヤーを当てる
  4. 手で髪をつかむようにまとめて冷風を当てる

ボリュームが気になる部分を手のひらで優しくおさえながら、ドライヤーの弱風の温風を5〜10秒ほど当て、そのまま冷風に切り替えて温風と同じ時間あてるとボリュームを抑えることができます。

ヘアスタイル

トップにボリュームを出して視覚的に錯覚を起こすことで、サイドのボリュームを目立たなくすることができます。

ただし、髪の長さ、髪質、毛量によって髪のボリュームは変わります。

どんな髪型にしたいのか、どんな感じでボリュームが出るのか、担当の美容師に必ず相談しましょう。

髪のボリュームを抑える上で一番大事なこと

いろいろな方法を紹介してきましたが、最終的には担当の美容師のカットが一番大事です。

ボリュームを抑えるためにすきバサミですき過ぎると逆にボリュームが出てしまい、髪もスカスカでパサパサに見えてしまいます。

まとめ

髪のボリュームを抑えるために、自分でできることはたくさんあります。

また、美容師のアドバイスを聞いたり美容室で施術したりすれば、髪のボリュームを抑えるだけでなく、健康で美しい髪になることも可能です。

雨の日だからと諦めずに、いろいろなヘアスタイルを楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
秋田 健太

秋田 健太

神奈川のたまプラーザにある美容室で働いている現役美容師の秋田健太です。美容Laboでは、正しい美容の知識や髪についての情報を発信するため、美容に関する全ての記事を監修しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です