シャンプーは混ぜると危険なのか?その真相を徹底解説

髪は女の命と言われるほど、髪に力を入れて高いシャンプーや美容院に行ってトリートメントしてもらいませんか?

シャンプーなども種類が多く、話題と言われると手を伸ばしてみたりします。

そこで、効果がこちらは艶があって、こっちは色もちすると書いてあって両方の効果欲しいからシャンプー混ぜたいと思うこともありますよね。

私自身、2種類混ぜようかでも『混ぜるな危険 』みたいに混ぜると逆に髪痛むのではと不安になっていました。

そこで今回は、シャンプー混ぜるのは本当に大丈夫なのかについて解説していきます。

シャンプーの効果

シャンプーするというのは、髪の毛を洗うこと、と認識している方が多数いらっしゃいます。

しかし実際には、髪を洗うだけではなく、頭皮の汚れを落としてくれるものです。

むしろ本来、シャンプーというのは頭皮を洗うためであって、髪の毛ばかりをごしごし洗うものではないんですね。

ちなみにシャンプーには主に6種類ほどありますので、それぞれの違いを簡単にご紹介していきましょう。

オーガニックシャンプー

敏感肌やアレルギーを持つ人に、肌や髪に安心して使えるシャンプーです。

効果はあまりないので、特別肌が弱い人向けになります。

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーはその名の通り、シリコンが入ってないシャンプーです。

効果としては、シリコンが入ってない事で、髪にボリュームが出たり、艶は少なくなりますがサラサラヘアーが実現できます。

皮脂が多い人や、ボリューム出したい人にはオススメのシャンプーです。

カラーケアシャンプー

カラーケアシャンプーは、ヘアカラーした後に色を長持ちしてくれるシャンプーです。

普通、髪の毛が濡れただけで色が落ちてしまうのですが、それをなるべく抑えてくれます。

さらに、ヘアカラーした髪の毛に必要な栄養を与えてくれる、ヘアカラー時には必須のシャンプーになります。

スカルプシャンプー

普通のシャンプーは髪の毛のためのものですが、スカルプシャンプーは頭皮のためのシャンプーになります。

男性の方に特に多い悩みの、フケや薄毛対策などにとても効果があるシャンプーです。

オイルシャンプー

オイルシャンプーは汚れが落ちやすく、匂いも長持ちするため、頭皮の匂いなどが気になる方におススメです。

また、価格帯もお手頃なものが多いのが魅力的なシャンプーです。

ダメージケアシャンプー

ダメージケアシャンプーは、その名の通りダメージが強い髪の毛を補修したり、ダメージを予防するシャンプーです。

値段がドラックストアから高級シャンプーまで幅広くあり、自分に合ったシャンプーが見つかります。

シャンプーは混ぜると危険なのか?

シャンプーを複数混ぜるのは、『混ぜるな危険』など科学反応が起きるわけではありません。

ただし、 シャンプーを混ぜて使うとシャンプーの効果を打ち消してしまい 、安物よりも効果がない結果になります。

それぞれのシャンプーは、それ自体が完成品です。

途方もない努力と研究の末に完成品が生まれますので、わざわざ完成されたシャンプーのバランスを壊しても効果が薄れてしまいます。

美味しくできた料理に、間違った調味料を入れたら一気に美味しくなくなってしまうのと同じですね。

そのため、複数のシャンプーを混ぜ合わせるのはとても意味のない行為と言えます。

詰め替え時も注意が必要!?

詰め替え時も洗わずにそのまま別のシャンプーを入れる事で同じように良い効果のところを打ち消しあってしまいます。

使う頃には何の効果もない石鹸になってしまうことも…

しっかりとボトルを洗ってから使用するようにしましょう。

また洗う際も、注意して洗わないと菌が繁殖して痛めつける原因になります。

水でボトルの中、蓋なども全部きれいに洗った後、乾燥させてから新しいシャンプーを入れるようにしましょう。

どうしても2種類のシャンプー使いたい!

2種類のシャンプー使いたい場合は混ぜるのではなく一旦1種類落としてから洗うという形になります。

ただ、洗いすぎると頭皮の乾燥や逆に髪の毛を痛めつけてしまいます。

また、1度落としてから別のシャンプーで洗うことにより、1度目のシャンプーの効果も洗い流れ落ちてしまう可能性があります。

1日に複数のシャンプーで洗う事はオススメできません。

シャンプーは複数持つこと自体は?

メリット

シャンプーは複数持つのはとても良い事です。

効果のところで書きましたが、シャンプーによって効果が全然違います。

さらに、シャンプーを複数持つ事でお金の節約にもなるんですよ!

例えば、ダメージが酷くなってきたなと思ったら、高いシャンプーを使用して、特に問題ない時は普通の安めのシャンプーにします。

そうする事によって、高いシャンプーを毎日使わなくて済むので髪質長く保たれ、お金の節約にも良いのです。

デメリット

複数を買うので初期コストが高くなります。

また、用途別に買う事で、今日はどのシャンプーにしようか悩むという所も時間がかかるのでそこもデメリットです。

まとめ

  • シャンプーの効果は主に6種類ある。
  • シャンプーは混ぜても化学反応は起こらないが効果を打ち消すためよくない
  • 詰め替え時なども注意して行わなければいけない
  • 複数の種類を1日置きなどに使うことはとてもオススメ

シャンプーを複数使うことにより、効果が無くなってしまうため、一見美意識高いかと思いきや、とても髪に悪影響な行為です。

しっかりと、自分の髪と相談しつつ、複数のシャンプーを使い分けることで真の髪マスターと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
秋田 健太

秋田 健太

神奈川のたまプラーザにある美容室で働いている現役美容師の秋田健太です。美容Laboでは、正しい美容の知識や髪についての情報を発信するため、美容に関する全ての記事を監修しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です