パーマ後にシャンプーしてもいいのか?正しい洗い方をわかりやすくご紹介!

美容師さんによって、パーマした当日のシャンプーが「OK」という人もいれば「NG」という人もいます。

結局どっちが正しいのか悩んでしまいますよね。

シャンプーするにしても、すぐにパーマが取れないように洗いたいものです。

そこで今回は、パーマ当日のシャンプーとパーマ後の正しい洗い方について解説していきたいと思います。

パーマの後はすぐ洗ってもいいのか?

パーマ後のシャンプーについては諸説ありますが、正しい洗い方であれば当日にシャンプーしても大丈夫です。

また、パーマは薬剤を使うので、肌が弱い方は頭皮を洗った方が肌トラブルになりにくいでしょう。

しかし、パーマ後の髪の内部は不安定な状態なので、正しく洗わないと髪にダメージを与える可能性が高いです。

パーマ後の正しい洗い方があるので、そのやり方を押さえておきましょう。

パーマ後の正しい洗い方

パーマ後の正しい洗い方について、ポイントは4つあります。

  • ブラッシングしない
  • サロン専売品のシャンプーを使う
  • 髪をこすらない
  • しっとりしすぎるトリートメントをつけない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ブラッシングしない

パーマをかけた日は、ブラッシングしないようにしましょう。

特に、髪が濡れた状態でくしでとかしたり、ブラシでひっぱりながら乾かしたりするのはNGです。

なぜなら、パーマをかけた後は、髪がダメージを受けやすい状態になっているからです。

パーマ後の髪の内部は不安定な状態で、しかも髪は濡れるとキューティクルが開きます。

その状態でブラッシングすると、髪にダメージを与えるだけでなく、ウェーブ自体が緩くなることがあります。

サロン専売品のシャンプーを使う

パーマ後にシャンプーする場合は、必ずサロン専売品のシャンプーを使いましょう。

なぜなら、サロン専売品のシャンプーはアミノ酸系で洗浄力が弱く、髪にダメージを与えないものが多いからです。

一方、市販のシャンプーは洗浄力が強く、髪にダメージを与えやすいものが多いです。

パーマ後の髪の内部は不安定な状態なので、市販のシャンプーを使うことでさらにダメージを与えてしまいます。

髪をこすらない

髪を洗うときは、髪の毛をこすらず頭皮を中心に洗いましょう。

頭皮を洗うだけでも、髪全体の汚れはかなり落ちます。

ブラッシングがNGな理由と同様に、髪の毛をこするように洗うと髪にダメージを与えることになります。

なので、髪を洗うときはゴシゴシこすりながら洗うよりも、もみ洗いの方がおすすめです。

また、シャンプー後のタオルドライのときも、髪をタオルではさんで軽くたたき、こすらないようにしましょう。

しっとりしすぎるトリートメントをつけない

パーマが取れやすい髪質の場合は、しっとりしすぎるトリートメントの使用を控えましょう。

しっとりしすぎるトリートメントは髪に重みを与えてしまうため、ウェーブが緩む可能性が高いです。

できれば、パーマをかけた当日に美容室でトリートメントをしてもらうのがいいですね。

ただし、以下の場合は、担当の美容師さんに必ず相談しましょう。

  • 初めてパーマをかけた場合
  • 緩めのウェーブをかけた場合
  • もともとパーマがかかりにくい髪質の場合

その人の髪質や髪のコンディションから、シャンプーしなくても済むようにしてくれることもあります。(スタイリング剤をつけないなど)

また、パーマは例えるならバネみたいなものです。

水の重みや髪をしばることによってパーマが伸びている状態を長時間作ってしまうと、パーマが取れやすくなってしまいます。

つまり、髪の洗い方だけでなく、髪の乾かし方も大切だということです。

パーマ後のドライヤーのかけ方で、ウェーブの持ちが変わります。

パーマ後の正しいドライヤーのかけ方

パーマ後の正しいドライヤーのかけ方は以下の4つです。

  • 根元から乾かす
  • ウェーブを維持したまま乾かす
  • 8割程度乾かす
  • 冷風で仕上げる

それぞれ詳しく見てみましょう。

根元から乾かす

髪を乾かすときは、根元から乾かしましょう。

なぜなら、毛先は乾燥しやすく、根元から乾かさないと毛先が乾燥するからです。

また、頭皮をマッサージしながら乾かすと、頭皮のケアになります。

頭皮が傷つかないように、爪を立てないよう注意しましょう。

ウェーブを維持したまま乾かす

ウェーブヘアを乾かすときは、ウェーブを片手で下から支えたり指に巻いたりして、できるだけウェーブを維持したまま乾かしましょう。

パーマを伸ばした状態で乾かすと、パーマが取れやすくなってしまいます。

また、パーマ後は髪がダメージを受けやすいので、ブラシの使用を避けたほうがいいですね。

8割程度乾かす

髪を完全に乾かそうとすると、髪や頭皮の乾燥につながります。

髪や頭皮が乾燥するとダメージを受けやすくなるので、8割くらい乾いたらOKです。

冷風で仕上げる

髪は冷えるときに形を覚える性質があります。

その性質を利用し、温風の後に冷風をかけてウェーブをキープしましょう。

パーマヘアの普段のケア

パーマはバネみたいなものです。

髪を乾かさなかったりウェーブを引っ張ったりすると、次第に緩んできます。

つまり、ウェーブを長持ちさせるためには、普段のケアが重要というわけです。

普段のケアで注意する点は次の3つです。

  • ドライヤーを使って乾かす
  • あまり結ばない
  • 摩擦がかからないようにする

それぞれ詳しく見てみましょう。

ドライヤーを使って乾かす

シャンプーの後は、ドライヤーを使って乾かしましょう。

髪を持ち上げたりねじったりしながら乾かすといいですね。

自然乾燥は髪が乾くまで時間がかかりますし、髪が濡れたままだと頭皮に雑菌が増殖する可能性が高いです。

雑菌が増殖すると、頭皮にトラブルが起きることもあります。

また、髪が濡れた状態で寝ると、寝返りで髪がこすれてダメージを受けたり、変な方向にクセがつきます。

なので、シャンプーの後は、自然乾燥ではなくドライヤーを使って乾かしましょう。

あまり結ばない

パーマヘアを長く楽しむためには、なるべく髪を結ばないようにしましょう。

なぜなら、パーマはバネみたいなものなので、髪を結ぶとウェーブが取れてしまうからです。

ヘアスタイルにもよりますが、スタイリング剤をしっかりつけると、パサつきを抑えてウェーブ感を出せます。

摩擦がかからないようにする

パーマをかけた後は髪がダメージを受けやすい状態なので、髪がこすれるとダメージを与えます。

なので、髪を洗ったり乾かしたりするときは、ゴシゴシ洗わず丁寧に洗ったり乾かしたりしましょう。

まとめ

パーマの後でもサロン専売品のシャンプーを使い、正しく洗い、正しく乾かすことできれいにウェーブが長持ちします。

それぞれ髪質が違うので、担当の美容師さんにシャンプーしたいことを相談して、アドバイスをもらった方が良いですね。

せっかくパーマをかけたのですから、ウェーブを長く維持できるように普段のヘアケアも大事にしましょう。

The following two tabs change content below.
秋田 健太

秋田 健太

神奈川のたまプラーザにある美容室で働いている現役美容師の秋田健太です。美容Laboでは、正しい美容の知識や髪についての情報を発信するため、美容に関する全ての記事を監修しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です